• 小出 薫  田中 俊介
  • 石田 桃香  吉村 界人  田中 真琴
  • 宮崎 秋人  ダンカン  高梨 瑞樹
  • 田辺 桃子
  • 佐倉仁菜 春野恵 璃乃 宮藤あどね 樹智子
  • オクヤマ・ウイ ムラタ・ヒナギク フカミ・アスミ
  • 監督・脚本:宇賀那 健一

News

intro-pc

Introduction

世界20ヶ国70以上の映画祭に入選!11のグランプリに輝いた<『異物』シリーズ>!
エロティック不条理コメディからはじまる4つの短編をまとめた『異物-完全版-』がついに日本で上映決定!

『黒い暴動♥️』『サラバ静寂』『魔法少年☆ワイルドバージン』『転がるビー玉』などで若者の心の叫びを描いてきた宇賀那健一監督が、世の中に潜む不条理さと、それに翻弄される人々の姿を描いたエロティック不条理コメディの短編映画『異物』。
その後、『適応』『増殖』『消滅』と製作を続けた<『異物』シリーズ>は、トリノ映画祭、モントリオール・ヌーヴォー・シネマ映画祭、エトランジェ映画祭などを筆頭に米国アカデミー賞公認映画祭3つ、英国アカデミー賞(英国映画テレビ芸術アカデミー)公認映画祭3つ、カナダのアカデミー賞(カナダ・スクリーン・アワード)公認映画祭2つ、スペインのアカデミー賞(GOYA)公認映画祭1つのコンペを含む(情報解禁前の映画祭を含め)20ヶ国70以上の映画祭及び映画賞で入選いたしました。
そして、11の最優秀賞を受賞し、世界中の映画祭や映画賞で注目が続いている<『異物』シリーズ>の4篇をまとめた長編映画『異物 -完全版-』がこの度、劇場公開が決定。海外でノイズを鳴らし続けてきた<『異物』シリーズ>が、いよいよ日本に上陸します。
(2021.11月現在)

"A mixed-genre gem with an absurd sense of humor and a fantastic soundtrack, filmed in poignant black-and-white cinematography."
(不条理なユーモアのセンスと素晴らしい音楽と感動的なモノクロによるジャンルミックスの逸品)

- Nippon Connection – 21st Japanese Film Festival

第一章の『異物』は、予兆もなく始まる不条理な世界をエロティック且つ滑稽に描くストーリー。主人公のカオルを演じるのは、ワークショップにて抜擢された女優の小出薫。物語の軸となる異物と遭遇する役を演じます。そして、『ミッドナイトスワン』『恋するけだもの』など話題作に立て続けに出演し、独特の色気を放つ田中俊介がカオルの彼氏・シュンスケ役として出演。

第二章の『適応』は、不条理な世界をよりシュールなコメディとして昇華していく内容です。日常に不満を持ったカフェ店員・トモミ役をグラビア界に旋風を起こし続けている石田桃香が演じます。そして、宇賀那監督とは『サラバ静寂』以来のタッグとなる吉村界人がコウダイ役、『魔法少年☆ワイルドバージン』に続いての宇賀那監督作品への出演となる田中真琴が、コウダイの彼女・ミナ役をオフビートな芝居で演じます。

第三章の『増殖』は、異物の出現によって変わっていく世界とそれに振り回される人々を描いたお話。舞台や映画を中心に活躍し、宇賀那監督作品への出演を熱望していた宮崎秋人が工場で働くリュウ役をひたすら愚直に演じます。そして、さまざまなテレビやラジオなどで活躍中のダンカンが工場長のタケシ役、グラビアから舞台まで幅広く活躍中の高梨瑞樹が工場で働く事務員ミサト役を演じ、物語は思わぬ展開へ。

そして、最終章である『消滅』には『異物』に続いて、小出薫がカオル役として再登場します。「ゆるキャン△」「リコカツ」「リカ~リバース~」など2021年4月期のドラマに多数出演する注目の若手女優の田辺桃子が、謎の女としてカオルとの邂逅を果たし、物語は奇妙で美しいエンディングへと向かっていきます。

Story

何かが噛み合わないカップル、カオル(小出薫)とシュンスケ(田中俊介)。
そんな日々に不満を抱えているカオルのもとへ突然“異物”がやってくる。
そして最終的には二人のもとへ…。
その頃、トモミ(石田桃香)の働くカフェには、元恋人同士のコウダイ(吉村界人)とミナ(田中真琴)がやってくる。
煙草をくゆらせながら神妙な面持ちで話をしはじめる二人…。
それから数カ月後、工場で働くリュウ(宮崎秋人)はとあるものを見つけ、事務員であるミサト(高梨瑞樹)と共に工場長のタケシ(ダンカン)にとあるお願いをしに向かうのだった。
そうして気が付けば、カオルのもとに“異物”が現れてから一年が経過していた。
一年前とうって変わって何かが吹っ切れた様子でとあるバーへ出かけたカオルは、謎の女(田辺桃子)と会うこととなる…

Cast & Staff

小出 薫

KAORU KOIDE

田中 俊介

SHUNSUKE TANAKA

石田桃香

MOMOKA ISHIDA

吉村界人

KAITO YOSHIMURA

田中真琴

MAKOTO TANAKA

宮崎秋人

SHUTO MIYAZAKI

ダンカン

DANKAN

高梨瑞樹

MIZUKI TAKANASHI

田辺桃子

MOMOKO TANABE

監督/脚本

宇賀那 健一

KENICHI UGANA

Comments

【監督メッセージ】

世の中に起こる出来事のほとんどは説明出来ないはずなのに、映画では説明を求められることにずっともやもやとしていた。
説明出来ない物事に翻弄される人ほど人間臭くて滑稽で愛おしいと思うし、説明出来ない物事が起こったときほど社会における醜さが露呈するはずなのだが…。
「不条理コメディ」を作りたい。その想いは日に日に強くなっていった。
そして、2019年10月、僕は『異物』を撮影した。

だが、しかしそこから世界は一変した。
現実世界の方が不条理じゃないか。
僕はより不条理な物語を求めて緊急事態宣言明けの2020年6月に『適応』を撮影した。

それでも世界の不条理は止まらない。
なんでこんなに全く悪くない人々が苦しまなきゃならないんだよ。
僕がそれに抗う手段は映画しかなかった。
不条理の中で溺れそうになりながらも必死に生きる人々を描こうと、2020年10月に『増殖』と『消滅』を撮影した。
気づけば『異物』からちょうど1年だった。

この映画には僕の「怒り」と「愛」と「祈り」を込めた。
そして、「怒り」が「愛」が「祈り」が強くなればなるほど、圧倒的に下らないものを目指した。
何をやってるかなんて僕もキャストもスタッフも分からなかった。だけど必死にやった。
だから面白いものが出来たと思います。

『異物-完全版-』、どうぞ宜しくお願いします。

【映画祭コメントまとめ】

■“Kenichi Ugana confirms his status as the latest, greatest cult filmmaker and his flair for the unexpected. Extraneous Matter touches on urban loneliness, both sexually (in a joyous tribute to tentacle erotica) and sentimentally (yes, it’s a love story!). An alien film whose humour perpetually goes rogue “

「宇賀那が最高且つ最新のカルト作家であること、そして意外な才能を持っていることを確かにした。『異物』は都会の孤独に触れながら、エロス(触手エロスへの喜びの賛辞として)とセンメンタリズム(そう、これはラブストーリーなのだ)を両立させたのだ。ユーモアが暴走し続けるエイリアン映画。」

Julien Fonfrede
Montreal Festival du nouveau cinéma

■“Deeply unsettling and somehow also sweet.”
非常に人を不安にさせるが、どういうわけか優しく甘美である。

Jason Tostevin,
Nightmares Film Festival

■“A truly and funny mix between shunji Iwai, Shinya Tsukamoto and Takeo Nakano…so love with tentacles: spectacular!”
岩井俊二、塚本晋也、中野貴雄の本当に面白いミックス......
つまりは触手との愛!スペクタクル!

Philippe Lux
Erange Film Festival

■"A mixed-genre gem with an absurd sense of humor and a fantastic soundtrack, filmed in poignant black-and-white cinematography."
不条理なユーモアのセンスと素晴らしい音楽と感動的なモノクロによるジャンルミックスの逸品!

-Nippon Connection – 21st Japanese Film Festival

■"Some films grab you out of your seat and transport you somewhere else entirely. This is one of those films. A perfect blend of the unexpected and offbeat, and just a little bonkers too."
映画の中には、あなたを席から引きずり出して全く別の場所に連れて行ってくれる作品があります。この作品はそのような映画の一つです。意外性とオフビートの完璧な融合、そしてちょっとしたクレイジーさ。

Flatpack Festival
Sam Groves

■"Extraneous Matter" is a sumptuously weird short shot in an exquisite black and white format and full of both awkward and sensual moments but also scary and suspenseful.
非常に美しいモノクロとふんだんに奇妙さが詰まった短いショットによって、ぎこちなくて官能的な瞬間が満載であり、更に怖くてサスペンスフル。

Dan Brawley
Cucalorus Film Festival2020

■That ending was so wonderfully disturbing!"
驚くほど衝撃的な結末!

Chad Farmer
Grindsploitation Film Festival

■ "This is an enjoyable work of art that feels like a modern episode of the Twilight Zone.
It is well worth the watch.”
これはトワイライトゾーンの現代版のような楽しい芸術作品だ。
一見の価値あり!

Oshka Kuwalski
Planet 9 Film Fest 2020

■ "Ugana immerses us in the black-and-white Japanese lifestyle, where appearances can become more important than one's own decisions, its imagery reminiscent of Shinya Tsukamoto's "Tetsuo The Iron Man".
宇賀那は、塚本晋也監督の「鉄男」を彷彿とさせるような、自分の判断よりも起こったことが重要となるモノクロの日本人のライフスタイルで私たちを熱中させる。

Rene Weber
Fixon Fest

■"The movie managed to talk about human contact in today's world in a very unexpected way."

この映画は現代の世界における人間の接触について非常に予想外の方法で語ることに成功している。

Saul Mendez Filho
Cinehorror Film Festival

■"Kenichi Ugana brings us the weirdest short film in Pendance’s 4-year history.
Ugana absolutely understands how to hold a frame to manipulate the audience.
No one’s going to bed after watching this film."

我々の映画祭の歴史で最も奇妙な映画だ。
宇賀那監督は観客を操作するためにフレームを保つ方法を完全に理解している。
この映画を見た後は誰も寝ないだろう。

Robert Misovic
Pendance Film Festival

■"The film has such excellent style."
この映画は非常に優れたスタイルを持っている。

Robert John Torres
51th Nashville Film Festival

Film Festival

  • 【映画祭/Film Festival】
  • Torino Film Festival
  • Montreal Festival du nouveau cinema
  • Etrange Festival
  • LA Shorts International Film Festival
  • Nashville Film Festival
  • Mecal Pro, Barcelona International Short and Animation Festival
  • Carmarthen Bay Film Festival
  • Flatpack Film Festival
  • Brooklyn Film Festival
  • Katra Film Series
  • Nightmares Film Festival
  • SLASH Film Festival
  • Concorto Film Festival
  • Cucalorus Film Festival
  • Nippon Connection
  • Crash - International Fantastic Film Festival
  • MEME PAS PEUR,the International Fantstic Film Festival
  • Cryptshow Film Festival
  • Fotofilm Internatıonal Short Film Festival
  • FIXION Fest, Fantastic & Horror Film Festival
  • International Shorts Film Festival
  • Weyauwega International Film Festival
  • Asians On Film Festival Of Shorts
  • Caribbean Sea International Film Festival
  • NJ International Short Film Festival
  • NEO International Film Festival
  • Golden Sparrow International Film Festival
  • Varese International Film Festival
  • The Three Corpse Circus International Horror Film Festival
  • Paris Film Festival
  • Lit Laughs International Comedy Film Festival
  • International Moving Film Festival
  • Prospector International Film Festival
  • Ostia International Film Festival
  • MidWest WeirdFest
  • Oregon State International Film Fest
  • Cambio International Film Festival
  • Grindsploitation Film Fes
  • Romford Horror Film Festival 
  • San Antonio Independent Film Festival
  • Boden International Film Festival
  • Planet9 Film Festival
  • Berlin Lift Off-Film Festival
  • Paris Lift Off-Film Festival
  • Amsterdam Lift-Off Film Festival
  • Sydney Lift-Off Film Festival
  • Melbourne Lift-Off Film Festival
  • London Lift-Off Film Festival
  • Manchester Lift-Off Film Festival
  • Abbot Kinney Fantastic Film Festival
  • Queens World Film Festival
  • Luminous Frames Festival
  • Central Florida ShortNight
  • INCA IMPERIAL INTERNATIONAL FILM FESTIVAL
  • Southern Cone International Film Festival 
  • Kuala Lumpur International Film Festival in the Sky
  • Toronto Lift-Off Film Festival
  • LA Lift-Off Film Festival
  • NY Lift-Off Festival
  • Cinehorror Festival
  • Japan Film Fest-Hamburg
  • Snohomish Film Festival
  • Sands Film Festival
  • Bastalavista International Genre Film Festival
  • Etowah Film Festival
  • Standalone Film Festival & Awards
  • Madrid Film Awards
  • Across Asia Film Festival

  • 【映画賞/Film Awards】
  • American Filmatic Arts Awards
  • Sweden Film Awards
  • Aphrodite Film Awards
  • Standalone Film Festival & Awards
  • Madrid Film Awards

  • 【マーケット/Market】
  • Clermont-Ferrand Short Film Market Picks(France)

  • 【ラボ/Lab】
  • Sci-Fi & Fantasy:Genre Lab
  • Comedy :Genre Lab

  • 【上映イベント/Screenings】
  • Holly Shorts Monthly Screenings

Theaters

  • 渋谷ユーロスペース

    2022年1月15日~

  • 名古屋シネマスコーレ

    coming soon

  • 大阪第七藝術劇場

    coming soon

  • 京都みなみ会館

    coming soon



エグゼクティブプロデューサー:中原 隆(サウスキャット)
撮影・編集:小美野昌史
照明:加藤大輝、本間光平
録音・整音・効果:紫藤佑弥
音楽:小野川浩幸
ポスタースチール : James Ozawa
助監督:平波亘、伊藤祥、猫目はち、工藤渉
スタイリスト:松田稜平、小笠原吉恵
ヘアメイク:中村まみ、寺沢ルミ、くつみ綾音
特殊造詣:千葉美生、遠藤斗貴彦
VFX:若松みゆき

Contact